KARAFURU日記

月を選択
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月

2020.05.16

KARAFURU日記:指輪のこと

和彫と洋彫の違い

金属に様々な表情を吹き込む彫金。

ジュエリーの装飾で和彫、洋彫と聞くけれど、何が違うの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。和彫と洋彫それぞれに特徴があります。

日本古来、日本独自の彫金技術の和彫に対して、西欧の伝統的な彫金技術の洋彫。洋彫で思い浮かびやすいのはハワイアンジュエリーでしょうか。

hoshi
和彫で入れた月や流れ星(鍛造の指輪 透-TOU-に一周和彫をプラス)

和彫


A-295

和彫は加工品を台に固定して、金槌で鏨(タガネ)を叩きながら“手前に”彫り進めます。
「コンコン」と刃が進むイメージです。深く、勢いのある線が彫れるため、迫力があり、ダイナミックで立体的な表情を出せます。

A-335

面が光を反射しキラキラと輝き、深い彫りによる陰影によって豊かな表情が生まれます。
力強い表現が得意です。

1

KARAFURUの職人さんの和彫は、息をのむほど精緻で美しいです。
こんなに細かい花びらや葉も、見事に伸びやかに表現してくれますよ。
和彫という技術で描かれた線に、命が吹き込まれてゆくようです。

洋彫


洋彫は金槌を使わず、加工品を動かしながら手の力のみを使って、柄付きタガネで“前に”彫り進めます。
「スーッ」と刃が進むイメージです。
現在では安全に力を使わずに彫れる電動の洋彫マシーンもあります。彫りを指先の感覚でコントロール出来るため、繊細で滑らかな表現が得意。
シンプルで線的な表現で、細かく複雑な模様も彫ることが出来ます。

日本での彫金の歴史


日本の彫金の歴史は古墳時代後期から始まったと言われています。
神社仏閣や仏具、兜や甲冑、刀、簪などの装飾の技術として受け継がれ、江戸時代には煙管や根付などの生活用品にも施されます。幕末、明治には多くの装飾様式・技法が生み出され最盛期を迎えました。

日本の伝統的な技術のひとつである和彫を活かしたジュエリーをKARAFURUではご用意しています。
長い時間を経て辿り着いた技術を身に纏ってみるのはいかがでしょうか。


デザイナーがインスタグラムで和彫の指輪についてお話しています、合わせてご覧くださいね。

tv




▶︎和彫の指輪について詳しくみる
▶︎透-TOU-の商品詳細を見る
▶︎透-TOU-のカスタムメイドはこちら


BRIDAL BOOKをお送りします


KARAFURUの婚約・結婚指輪をご紹介するカタログを無料でお送りします。
▶︎カタログのご請求はこちら

59496235_1291364451064680_6131725229089860227_n


来店予約・お問い合わせ


これまで海外を含む多くの遠方のお客様にオンラインショップやWEBサイトからのお問い合わせをご利用いただいております。すぐに担当者からお返事をさせていただきますので、安心してご注文ください。
ご希望に応じて画像のやりとりや、サンプルリングやサイズゲージをお送りしております。
まずはお気軽にご相談ください。

▶︎サンプルリングのお申し込みについて
▶︎来店予約・ご相談はこちら

KARAFURU 代官山
03-6452-5427
info@karafuru.jp
東京都渋谷区恵比寿西2-20-14 1F
OPEN : 12:00-19:00 / CLOSE: 月・火
代官山駅北口すぐ/ 恵比寿駅から徒歩約7分

*ただいま、金土日の完全予約制にて営業します。
恐れ入りますが、ご希望のお客様は事前にご連絡をお願いいたします。
(2020/05/16現在)

▶︎来店予約・ご相談はこちら
▶︎KARAFURUの婚約/結婚指輪についてはこちら