KARAFURU日記

月を選択
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月

2019.11.02

KARAFURU日記:指輪のこと

指輪のつくり方、鍛造と鋳造

14

指輪のつくり方には大きく2つの種類があります。
それが「鍛造(たんぞう)」「鋳造(ちゅうぞう)」という2つの製造方法。
婚約・結婚指輪をつくるにあたって、この言葉に初めて辿り着いたという方もいらっしゃるかもしれません。

鍛造(たんぞう)


A-0422

指輪の元となる金属を熱し、叩いたり伸ばしたりしてリングの形にしていく製法です。
叩く過程で金属の結晶が整うため強度が高いものが出来上がります。

KARAFURUでは伝統的な技法で、職人さんがハンマーで何度も叩き手作業で仕上げています。
現在ではプレス機で金属を圧縮するプレス法もありますが、伝統製法は職人によるハンドメイドならではの温かみや趣があり、着け心地が違います。

強度に優れ、鋳造より変形しにくく、表面硬度が高いので研磨したときより輝きが増すのが鍛造づくり。一方で、繊細で複雑なデザインが難しかったり、大幅なサイズ直しが難しいことも。

指輪をずっと身に着けていたい、耐久性を重視したいという方にはおすすめの製法です。鍛造という言葉からもわかるように、金属を鍛えてつくるのでどこか力強い雰囲気を私は感じます。ふたりの絆を強く繋ぐ結婚指輪にぴったりです。
▶︎鍛造の指輪 透-TOU-はこちら

te

鋳造(ちゅうぞう)


123

熱することでドロドロになった金属を、あらかじめ製造しておいた型に流し込みリングにしていく製法です。溶かした金属は冷やすとすぐに固まるので短時間で出来るというのも特徴です。
コンピュータなどで立体的にモデルを作れるので、複雑で繊細なデザインが簡単にできます。
華奢なデザインや、S字U字などのアームがカーブしたデザインは鋳造の得意とするところです。

大量生産も可能な製法なので、指輪のコストを抑えられるケースもあります。ただ、金属を型に流し込む際、気泡が生じたり、金属の密度にムラが出来てしまったりすることがあるため、少し柔らかく鍛造に比べると耐久性がやや劣ります。傷つきやすいというのもありますが、それも年月を表す“味”として楽しめます。

04



今日は、指輪のつくり方、鍛造と鋳造についてお話ししました。
それぞれに特徴があります。おふたりと指輪の在り方を想像しながらお決めになるのがいいかもしれません。未来に想いを馳せながら、是非指輪づくりの過程も楽しんでくださいね。


BRIDAL BOOKをお送りします


KARAFURUの婚約・結婚指輪をご紹介するカタログを無料でお送りします。
▶︎カタログのご請求はこちら


来店予約・お問い合わせ


KARAFURUへお気軽にご来店ください。
ゆっくりとお話しを伺いながらご相談やご試着をしていただきます。

また、これまで海外を含む多くの遠方のお客様にオンラインショップやWEBサイトからのお問い合わせをご利用いただいております。すぐに担当者からお返事をさせていただきますので、安心してご注文ください。
ご希望に応じて画像のやりとりや、サンプルリングやサイズゲージをお送りしております。
まずはお気軽にご相談ください

▶︎来店予約・ご相談はこちら

KARAFURU 代官山
03-6452-5427
info@karafuru.jp
東京都渋谷区恵比寿西2-20-14 1F
OPEN : 12:00-19:00 / CLOSE: 月・火
代官山駅北口すぐ/ 恵比寿駅から徒歩約7分

*婚約・結婚指輪に関するご来店の際は、メールまたはお電話にてご予約をお願い
しております。ご予約がなくてもご覧いただけますが、ご予約のお客様が優先となっておりますので、お待ちいただいたりご希望のサンプルが店頭に無い場合もございますことをご了承ください。

▶︎来店予約・ご相談はこちら
▶︎KARAFURUの婚約/結婚指輪についてはこちら