KARAFURU日記

月を選択
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月

2019.11.16

KARAFURU日記:指輪のこと

指輪の素材 プラチナ

IMG_2051のコピー

婚約指輪、結婚指輪の定番素材プラチナ。美しい白銀色にうっとりしますね。

今日はプラチナについてお話しします。指輪選びの時に必ず目にする、表記や特徴を分かりやすくご説明出来ればなと思っています。楽しい指輪づくりのご参考になさってくださいね。

まずは、よくみるPt900やPt950という表記。
Ptの後の数字はプラチナの純度を表しています。Pt1000……プラチナ100%を意味します。しかし、純度100%のプラチナは存在せず、99.95%が限界です。このことからPt999と表記することもあり、Pt1000=Pt999といえます。

Pt900……プラチナ90%
Pt950……プラチナ95%

Pt900


(data)B-351

加工しやすく、日本の指輪によく用いられます。
Pt950より軽く、幅のある指輪のときに特にその差を感じられます。また、割金(ほかに混ぜてある金属)の割合がPt950やPt999より多いため強度があります。

日本の職人は、便利な機械がまだない戦後からPt900を「トラブルが少なく扱いやすい素材」として、結婚指輪に多く用いてきました。KARAFURUの透シリーズにもPt900が使われています。

Pt950


割金(ほかに混ぜてある金属)の量がPt900より少ないため、金属アレルギーになりにくいのが特徴です。
海外ブランドの指輪はPt950が多いですが、これはプラチナの国際的な広報機関であるプラチナギルドインターナショナルがプラチナジュエリーの国際基準をPt950に定めているためです。
だからといってPt950以上でないと品質が保証されないわけではありません。諸説ありますが、海外ではゴールドの指輪が主流で、プラチナを使うことが少ないことからPt950にまとめようという流れになったとか。

ハードプラチナ


A-0342

ここ数年、華奢なデザインをお探しの方も増えましたが、その場合は指輪に強度が求められます。
そこでぴったりなのがハードプラチナ。プラチナにルテニウムという金属を少しだけ混ぜてプラチナの強度を一気に高めます。
ハードプラチナは「プラチナ95%、パラジウム2~4%、ルテニウム1~3%」で作られていることが多く、純度が高く柔らかいプラチナの指輪を硬くし、純度を下げることなく高純度のプラチナの輝きを楽しめます。
KARAFURUでは、TSUBOMIやGAKUなどの華奢なデザインの婚約指輪にハードプラチナを使用しています。
ジュエリーにプラチナを使い始めたのは「カルティエ」三代目の「ルイ・カルティエ」なんだとか。プラチナの柔らかく伸びやすい性質を使って、薄く繊細なジュエリーを作り人気を博したそうです。



 
キラキラと上品に輝くプラチナ。指輪にするために様々な工夫がなされているのですね。



BRIDAL BOOKをお送りします


KARAFURUの婚約・結婚指輪をご紹介するカタログを無料でお送りします。
▶︎カタログのご請求はこちら


来店予約・お問い合わせ


KARAFURUへお気軽にご来店ください。
ゆっくりとお話しを伺いながらご相談やご試着をしていただきます。

また、これまで海外を含む多くの遠方のお客様にオンラインショップやWEBサイトからのお問い合わせをご利用いただいております。すぐに担当者からお返事をさせていただきますので、安心してご注文ください。
ご希望に応じて画像のやりとりや、サンプルリングやサイズゲージをお送りしております。
まずはお気軽にご相談ください

▶︎来店予約・ご相談はこちら

KARAFURU 代官山
03-6452-5427
info@karafuru.jp
東京都渋谷区恵比寿西2-20-14 1F
OPEN : 12:00-19:00 / CLOSE: 月・火
代官山駅北口すぐ/ 恵比寿駅から徒歩約7分

*婚約・結婚指輪に関するご来店の際は、メールまたはお電話にてご予約をお願い
しております。ご予約がなくてもご覧いただけますが、ご予約のお客様が優先となっておりますので、お待ちいただいたりご希望のサンプルが店頭に無い場合もございますことをご了承ください。

▶︎来店予約・ご相談はこちら
▶︎KARAFURUの婚約/結婚指輪についてはこちら